患者様の状態を確認し、丁寧な説明と改善のための期間と道しるべを提示します

秋が深まるころに起こる体調不良の原因と対処法

夏が終わり涼しくなってくる頃に、肩こりや寝違え、体が疲れることはありませんか?それは所謂、夏の疲れが出てくるとよく言われますが、夏の蒸し暑さに耐え、涼しくなり気が抜けたころにドッと体の疲れが出たり、疲れが溜まって寝違えをすることがあります。

 

6月くらいから治療を受けていればそのダメージも少ないでしょうが。耐えているときは気が張っているので体が疲れることもないでしょう。就職や転職をした人が半年後くらいに体調を崩すのと似ています

 

とはいえ、人間は体に感じてからでないと治療の必要性を感じないと思いますので「疲れてるなぁ・・・」と思ったらすぐに鍼灸やマッサージを受けることをおススメします。そのまま気力で頑張っていると年末ぐらいに仕事ができなかったり、朝だんだんと起きれなくなってきたり、最悪の場合倒れた後に仕事に復帰できなくなるかもしれません。当院はそのような人々を作りたくありません。そしてそのような人を見ているのも非常に辛いです。

 

そのような疲れにはマッサージをした上で軽い運動をするとビックリするくらい疲れが取れます。騙されたと思って施術を受けてみてください。当院は運動も治療もできる治療院です。

 

マッサージ嫌いとか、鍼が嫌いとかいろいろあるかもしれません。治療と運動はあなたに一生必要なことなので一度医療機関を受けるという扉を開けてください。当院でなくてもいいのですが、一番最初に受ける医療機関が当院だった場合親切丁寧、あなたの未来も考えて施術をさせていただきます。

 

当院で治療を受けてみたいという方は080-1067-1973までご連絡をお待ちしております。

ホームページはこちら
ページトップへ戻る