患者様の状態を確認し、丁寧な説明と改善のための期間と道しるべを提示します

葬儀社×翔吾鍼灸治療院

私も親族を亡くしたことがあるのでお葬式の流れというものは大まかには把握しているつもりです。ですので、体験した記憶からのコラボレーションを提案させていただきます。他の業種と同じでデメリットもありますが、メリットだけ書かせていただきます。

 

通夜終了後から告別式の間火葬中の間に鍼灸マッサージ

通夜、告別式は長丁場になることもあります。葬式が終わったときには親族がぐったりしていることもありますし、待機する時間が長いこともあります。その時に鍼灸マッサージを葬儀料の中に導入してはいかがでしょうか?当院としては1時間4000円以外には頂きませんので金額設定は御社で設定して構いません

 

葬儀スタッフの福利厚生として導入

親族もそうですが、葬儀スタッフも緊張感の中、仕事をしなければなりません。疲れがあると集中力が落ち、失敗してはいけない場面で失敗する可能性がないとも言い切れません。ですので、先に手を打っておく必要があります。用意しなければやらないスタッフもいると思います。一つの失敗がその後の葬儀依頼にも影響させないためにはスタッフに還元するのも良いと思います。

 

その他にも様々なコラボレーション案が出るかもしれません。自社の動きと共に検討していただければ、当院としても最大限対応させていただきます。メール又は080-1067-1973まで連絡お待ちしております。

ホームページはこちら
ページトップへ戻る