患者様の状態を確認し、丁寧な説明と改善のための期間と道しるべを提示します

飲食店×翔吾鍼灸治療院

飲食店の方との考えられるコラボは4つあります。それぞれデメリットはありますが、メリットのみ書いていきます。

 

割引券の渡し合い

当院の患者様に貴店の割引券をお渡しし、貴店へ来店を促し、貴店からは当院への割引券を渡し当院への来院を促す方法が挙げられます。当日限り有効の割引券にすれば当日の売り上げに影響し、それを1年間通して行うと貴店の年間売り上げにも大きな影響をすると思います。

 

メニューの中に鍼灸マッサージを導入

貴店のメニューの中に当院の鍼灸マッサージを導入するという方法があります。要は鍼灸マッサージ→貴店の飲食メニューという一連の流れを作ることで売り上げ単価を上げられます。当院としては4000円を頂ければいいので、それ以上の単価を設定することが出来ます。例えば5000円のコースメニューがあり、当院の鍼灸マッサージをメニューの中に組み込むことで少なくとも9000円以上のコースメニューにすることが出来ます。9000円のままでは意味がないのでコース料金は貴店で設定して構いません。鍼灸マッサージを受けてから食事をされるとおいしい料理がさらにおいしく感じられます

 

ファンクラブ加盟店舗になる

お金はかかりますが、当院が発行するファンクラブカードに加盟する事です。そしてファンクラブ会員限定メニューやコースを作ることでファンクラブ会員にも記念日や接待などで利用する価値があったり、普段の食事でも利用頻度が増える可能性があります。また、単純な割引の場合は加盟料よりキャッシュバックがあります。

 

従業員の方への福利厚生としての利用

飲食店の方の働き方は肉体的には大変な事とは思っております。肉体的な疲労は大事な時の戦力ダウンになりかねません。気合だけでは乗り切れないこともありますし、それは従業員にとっては拷問ではないでしょうか?人間はケアに関しては半強制的にケアを促さないとやらない傾向があります。普段からの体のケアがコンスタントな戦力を保つことが出来ます。また急な症状に対して、早く施術に取り掛かることが出来ますので早く現場に復帰できることが当院の実績にあります。

 

その他にもコラボ案は話し合いで無限に出てくると思うので、少しでも興味が出てきたなということであればメールはまた080-1067-1973まで

ホームページはこちら
ページトップへ戻る